Wood Maison

資産をつくる住宅 -人生100年時代を豊かに暮らすために-

人生100年時代を迎える現代において、ROOMSは「稼げて」「住める」賃貸併用住宅をおすすめします。
住宅は、住むことと投資を両立する時代が来ています。

安定した収入

ROOMSがご提案する賃貸併用住宅は、100年時代を健やかに生きるために欠かせない安定収入を生み出します。

1. 家族が長く住める賃貸住宅設計

子供のいる家族がご入居いただくことを想定し、賃貸部分は1LDK以上の間取りを設定。快適性や耐震性などを考慮して、安心して長く住んでいただける住まいを設計します。人生100年時代に必要な安定した家賃収入につなげます。

2. ニーズを踏まえた建築計画を提案

賃貸物件を建てる際、大切なのは「その場所にニーズがあるかどうか」です。ウッドメゾンは建てる前に立地条件を精査。需要と供給のバランスを見極め、確かな賃貸ニーズが見込める場所を候補地としてご提案します。

3. 住まいの不安をなくし、安定した入居率を維持

流水音や話し声などの音、室内の温度、収納の広さなど、生活していると気になるところが出てくるもの。ウッドメゾンは住まいの不満を設計段階で洗い出して解消。住む人にとって優しい住居性を確保することで、入居率を高めます。

4. 万が一を支える、安心の空室補償

賃貸物件のオーナーにとって、空室は心配ごとの一つ。ウッドメゾンなら、万が一空室が生じても心配いりません。家賃保証会社と契約することで20年間の空室補償が受けられ、オーナーの安定した収入をサポートします。

次世代へのレガシー

家が作り上げた価値は、世代を超えて継がれるレガシー(財産)になります。

快適な居住空間

くつろぎの場として、家本来の役割を追求することこそ家の資産価値を高めます。

住む人に寄り添った、使いやすさと住みやすさ

毎日の暮らす場所だからこそ不満に感じることは、少ない収納と人の動きが重なり合う混雑した動線です。長年の経験に裏打ちされた設計で、大容量の床下収納やクローゼット、キッチンと洗面所の動線設計を工夫するなど住む人に寄り添った、使いやすさと住みやすさを実現しています。

優れた住宅性能

地震の多い日本において、強固で頑丈な構造は欠かせません。住む人へ安心安全をもたらします。

デザイン性

住むほどに愛着がわき、誇りを持てる家は、洗練されたデザインによって生まれます。

お問い合わせは「011-817-5555」まで